波打ち際に僕が散りばめた
「グッバイマイガール」は波にさらわれて
次の秘密に辿り着くのでしょう
壊れたままもそれはそれで綺麗だと 言い聞かせて眠れば錆びつきかけた僕の心臓も
脈を打ちはねるんだ
夕べの僕は妄想の中嵐が過ぎるまでこの手を離さなけりゃ
僕らの今は違ってたのかい
白けた蜃気楼 背を向けて歩き出せ
焦がれた君も夜明けと共に消えるよ振り向きざまに僕が口にした
「サンキューマイガール」は風に運ばれて
いつかどこかで暮らしてる君に
届くはずだと 日々を歌うだけの事やけに寒い季節が僕らの前を通り過ぎて行く
種は蒔かれてたんだ
いつかの僕は焦燥の中嵐が過ぎるまでこの手を離さなけりゃ
僕らの今は違ってたのかい
白けた蜃気楼 背を向けて歩き出せ
焦がれた君も夜明けと共に消えるよ嵐が過ぎるまでこの手を離さなけりゃ
僕らの今は違ってたのかい
白けた蜃気楼 背を向けて歩き出せ
焦がれた君も夜明けと共に消えるよ

Many companies use our lyrics and we improve the music industry on the internet just to bring you your favorite music, daily we add many, stay and enjoy.